またとびひ?

夏にもなってたんだけど
急に皮膚が赤くなって
今朝はちょっとだけじゅくってしてた。

最初は
やけどでもしたのかなと思ったんだけど
どうもこれはとびひっぽい。
でもいたって健康だったので
塗り薬をして
登園させちゃった。

であとで
これってとても感染力強かったよな…
もしかしたら登園許可書いる
病気ではなかろうか…

不安になって
園のホームページ開いたら…

あ、やっぱり。
「学校保健法」の「学校伝染病」の
第三種に指定されてた。
どうしよう…
今日は帰り病院に連れて行かなきゃだな。

プールに行った帰りから
怪しかったんだけど
その時は
ブドウアイスを食べて
それで汚れてるのかと思ってたんだけど
そうでもなく
プールのビート板で
ケガでもしたのかと思ったけどそうでもなく。
って
どうしてもとびひと認めたくないってことです(笑)

というわけで
いつもとっても混雑している
皮膚科へ行ってきます。
嫌だなあ…

家でたこ焼き

お友達を呼んで
昨日はたこ焼きパーティーをしました。
たこ焼きって
かなりのたこやき液作っても
焼いてしまうと結構すぐになくなってしまうのよね。
昨日も
200グラムの粉に
卵1ケ
水が600cc。
ボールにいっぱいになってしまう。

これだけ食べれるかなあと
心配していたけれど
この200グラムだけでは
結局足らず
追加で液を作りました。

で、ここでいれる具が
とにかくいろいろあると
楽しいよね。
紅ショウガは大人味には欠かせないよね。
そしてキャベツ
ネギ、天かす、コーン、タコ
チーズ、ちくわね。


今度は何をかけて食べるか?
ソース、マヨネーズはマスト
それからは
好み。
私はお友達に教えてもらった食べ方
マヨネーズとポン酢に
七味唐辛子をかけて
ネギもふりかけるという
かなり
大人な味付けのたこ焼きのトッピング。
これ本当においしいですよ。
ビールにぴったり。
是非一度お試しくださいませ。
ただし
このたこ焼き。
ソースをかけるとどうしても
塩分摂りすぎなのかな
のどがとても乾くのよね。
ソースはたくさん食べる人は
控えめにね。

仮面ライダーゴースト

先週くらいから始まった
仮面ライダーゴースト。
息子と旦那が大好きで
日曜日の朝はこれをみながら
朝ごはんを食べるのが通常になって
しまっています。

前回は
なぜか仮面ライダー(なのに)ドライブ
という
スポーツカーにのったり
時に本来のバイクに乗ったり
もう何でもありか?と
ツッコミどころ満載。

通常通り
10月になると新しいヒーローに
チェンジなんですね。
今度はゴーストだって
事前情報は把握していたけれど
ゴーストって…
死んでるの?まさか…ね。
と思ったら
そのまさか、で。
主人公がなんと死んでいて
その亡霊が仮面ライダーに変身するという
もうどうなってるの?
バーチャルの度合いもここまできたら
ひどすぎると呆れてしまいました。
けれど息子はさっそく
台詞を真似したり
クリスマスプレゼントは
ベルトほしいとリクエストが来るし。
その台詞のなかで
吹いたのが
「命、燃やすぜ」
も、燃やす…
まだ幼児にこの言葉の意味ちゃんと
伝わってるんだろうか。
今やCGで何でもできるので
街中でもボーボー爆発したり燃えたり。
ちょっとそれはそれでさみしい気がするなあ。

野球とサッカーどっち?

そろそろ5歳になる息子に
やっぱり団体競技を
習わせたいと。
周りはやたら空手してるのね。
悪いけれど
空手の魅力があまり理解できない。
学校の授業でするわけでもない
地味なスポーツ。
スポーツだけど
特に戦うとかなく
型をするだけのことなのに
確かに精神的に鍛えられるのかもしれないけれど
それだけがメリットなら
他のスポーツでも
できるし。
で、
サッカーか野球か?ってなってくるのよ。

サッカー教室は
幼稚園の門の前で
送りに来る父兄に必死にビラをくばり
セールストークする講師の方を
たくさんみてる。
うーん、でも家族誰もサッカー好きいないしなあ。

旦那は断然野球をさせたい。
野球の方が頭を使うからってね。
息子は最初はサッカーのほうが好きなのかな
と思わせたのだが
最近ではやたらボールを投げさせて
バットを振りたがる。
これは野球の方がいいかな?
でも、そもそもチームプレイ向いてるのか?
やってみないと
分からないんだけどね。
小学校入ってからでもいいかなあ。
毎日ぐだぐだ悩んでしまうなあ。

種収穫しました。

ベランダに
ほぼ放置されてる状態で
頑張って咲いていた朝顔さんと
ヒマワリさん。
さすがに夏の終わりには元気がなくなり
最初にヒマワリさんが枯れ
その後頑張っていた朝顔さんも
花をつけなくなってしまいました。
濃いピンク、薄いピンク、濃紺と
3色の花を咲かせてくれた朝顔さん。
今年の夏の癒しを与えてくれてありがとうと
いいたいです。

さあ、枯れたけど
大量の種というか、実っていうのかな。
できあがってしまい処理に困っています。
来年植えるとしても
数粒しかいらないし。
ヒマワリなんて
このプランターで植えるのがたいがい
無理だったのよ。
東向きのベランダにおいてたんだけど
一生懸命太陽の光の方へ
向こうとして変な伸び方してて
可愛そうだったわ。
何とか種つけてくれたけど
とても小さい…
それでも、いつも見ていた花から実がつく
っていう、
育てたって思えるのはなんだかうれしいもの。

また来年植えるとしますかね。

ひさしぶりにカードゲーム

実家に帰省。
妹と甥っ子が来ていました。
息子より2歳年上
小学1年生。
穏やかな子なので
あまりケンカにならないし
息子と二人よっても
さほどサルの喧嘩みたいなことには
ならないので、安心して
遊んでもらえる相手でありがたい。

妹が
カードゲームの王様
ウノをもってきてくれたのです。
それが
防水加工(笑)つまりお風呂でもできるという。
「おふろではしないけどね」というのが
お決まりの返しらしいけど。
それでまあ盛り上がった盛り上がった。。
家にいる間
何回やったかわからないくらい。
小学生の甥っ子は
ルールが分かってるけど
駆け引きはまだできないし
カードを隠すとかまだできない。
息子もまだ
ルールがわかっていなくて
場にある色のカードを途中から
出そう出そうと気ばかり急いて
失敗するという。
でもそれでもあまり負けてなかったなあ。

大人の方が結構びりの確率高かったかも。

大人数でするとまたその面白さ
3人、4人ですることの
駆け引きの楽しさもまたあって面白い。
まだ5歳の息子にはルールや
駆け引きはまだ難しいけれど
ルールを守って遊ぶっていうことを
学ばせるには十分いいゲームだなあと
実感。
早速アマゾンさんで購入。
プラスチックでできているので
高級感もあってなかなかなもの。
さて、
ルールがわかって駆け引きも
できるようになるのはいつのことでしょうか…

いくら幼稚園児でも気を遣う

息子は
2学期になると
毎日短パンと半袖ポロシャツ。
いわゆる体操服なんですね。
運動会の練習が毎日のように行われるので
制服登園の日がなくなるのです。
夏服2着買ったのに
ほとんど出番がなくて
もっと早く聞いておくべきだったと思いつつ。

それはおいといて
短パンは
年少のころは
まだ身体がちいさかったので
気にならなかったのだけど
年中になってから
中に履くパンツが
ボクサータイプのパンツだと
短パンの裾からパンツがはみでてしまうことに
最近気づいてしまったのです。
これももっと早く気付けばよかったわ。
そもそも短パンなんて
自分がほとんどはかないから
こんな初歩的な問題に
気づかなかったのよ。
なので
ボクサーパンツは休日しか履けず
ブリーフタイプのものを
平日はがんばって使いまわすという。
いくら幼稚園児でも
園の様子を写真に乗せてくれる以上
はみパンはちょっと許されないわ。
本人にとってはどうでもいいことの
ようですけれど。
こういうところ
男の子って無頓着なので楽だなと
つくづく。
これが女の子だったら
かなり文句言われそうだもんね。

原発事故後の現状

先日
羽生君が
24時間テレビで
福島県の仮設住宅を訪問していた
映像が。
番組の為に行ってたんだろうとは
思うけれど(私ってひどい?)
それでも
訪れた先の住民の方はみんな
わあーーって喜んで
明るい笑顔になっていたのがすごく
印象的でした。

で、
その時の話。
その住民の地区が
今月避難指定区域から解除される
けれど
実際、街に帰れるのは
ほんの1割に満たないほど。

人が戻らないってこと
もう4年以上街が人のいない状態で
放置されていること

そうなると街がどうなってしまうか
家がどうなってしまうか

そんなこと
離れて住んでいる私には
全く考えてもなかったけれど
家って4年も放置してると
荒れてきてとてもすぐには住めない状態にまで
なってしまうのです。
さらに
人が戻らないということは
お店や病院、学校も再開できない
元通りの生活を取り戻すには
まだまだ程遠いのが現実だという事。

当たり前のように
普通に生活していることに
感謝しなければいけないなあと
そしてこういう現状であるということに
気づかせてくれた
羽生君そして番組にも感謝です。

お風呂は一人で入りたい

こないだスーパー銭湯へいってきました。
旦那と私と義父と4人。
当然、私はこの構成だと
女子おひとり様コース!

うれしいなあ
大きいお風呂に一人時間気にせず
ゆっくり入れるなんて。
子どものいない人にいいたい
子どもができたらゆっくりお風呂に
入る回数がぐっと減ります。
ないとはいわないけれど
家庭環境によってはほぼ無理になる。
ゆっくりお風呂につかれることが
いかにありがたいか…

おっと話がそれてしまった。
すっかり
お風呂満喫して
脱衣場で身体ふいてたら
子ども2人とママの二組
合計6人の団体さんが
お風呂から上がってきたのだけど
小さい子はベビーベッドにほりこんで
しまって大丈夫なんだけど
おそらく2歳か3歳の子どもふたりが
濡れたままはだかん坊であちこちうろうろして
ママが濡れたままバスタオイル巻いて子ども
追いかけてるという地獄の光景が。
さらに、ある一人の子が脱走しかけたり
「おしっこーー」とか。
もう終わってる…
子どもが寝静まってからこっそり
お風呂に入れますように…と
願うばかり。

万華鏡作り

先日
友だちの紹介で
万華鏡作りに参加させてもらいました。

筒の絵柄選び。
いろんな折り紙やらを
切ったり張ったりデコったりして
オリジナルの万華鏡のテーマづくり。

そのあとは
お待ちかねの
万華鏡のビーズやらの
材料を選んで
シャーレみたいなのにいれてみては
鏡の部分をくっつけて回して
視聴しては
そのビーズを足したり戻したりの
作業。
とにかくその作業が楽しくて。

ちょっと入っている材料が違うだけで
違う世界が広がるのですよ
ただただ
カラービーズを入れたらいいのではなく
素材の違う、大きさのさまざまなものを
入れると動きが出て
見飽きないのです。

今回
カラー輪ごむやら
クリップやら
ねじやらもいれてみたのですが
なかなか面白いものが完成。
先生にもほめてもらいました。

テーマは和
「羽生君の今季のFSのSEIMEIの衣装」
カラー
黄緑、紫、白、金色を使ってみました。
癒されるわー。
息子のおもちゃにされないように
隠しておかなきゃね。

サメが出た

最近のニュースで話題なのが
海水浴場にサメ…

それって、
単純に
地球温暖化が原因なのかな?

サメの種類にもよるけど
近寄ってきているサメは
人間は襲わないけど
餌をもとめてやってきているので
その餌と勘違いして
噛まれてしまう恐れがあるとか。

海水浴場にとって
こんなかきいれ時に
サメで遊泳禁止なんてとんだ迷惑だよね。
竹やりでももって
戦いに行きたい気分だろうよ…

あの海の家で食べる
やきそばとか
カップラーメンってなんであんなにおいしいんだろうね。

おっと、
サメとイルカの違いをまだ分かっていない
息子に
一生懸命その違いを教える私。
どこが違うか?
歯がぎざぎざ…
うーん。
サメは魚類だよねたしか。
イルカは哺乳類!

そんなの4歳児には難しすぎるわ。
絵で説明しようとしたけど
私とんと絵心ないし
もう、こういうのって
人に教えてもらう事だったかなあ。

今どきの子って
人から聞いたり
出かけたところ見たものを
興味持って自分で調べたりしなく
なってきてるのかな?

おっと、話がそれたけど
サメもちょっとかわいそうだね。
早く餌食べたら沖へ帰りなよー。

「まれ」の圭太には…

妹と久しぶりにあって
「まれ」見てる?
見てるよ、あの圭太どうにかならんの?
と二人でハモってしまったわ(笑)

とにかく輪島塗のことだけに
まっしぐら
それはいいのよ、
でもあまりにも人の気持ちとか
全然かんがえてなくてイライラする。
まれが、パティシエお休みして
自分の仕事の手伝いしてるってことの
重み全然わかってなくて…
小日向さん役の
店長がかわいそうでかわいそうで…

きっとみんなそう思ってるだろうけれど。

そして、小日向さんの息子の方がずっといいってこと。
あの人とくっつけばいいのにと
お茶の間の女子みんなそう思ってるはずだわ。
あ、顔のタイプは圭太のほうなんだけどね(笑)

ふたりが付き合うのは賛成だったけど
結婚するのは
断固として反対だった。
でもしちゃんたんだよね。
私一人でぼそぼそ
「この二人、離婚したらいいのに」と
ずっと思っていたのですが
同じくテレビを見ていた妹が同じことを
思っていてくれいたので
ちょっとだけ胸のすく思いでした。

ダブルラジカセはもう売っていない…

私がうら若き頃
ダブルラジカセは全盛期だったなあ。

カセットからカセットへダビング。
まだCDのなかったころ。
レコード盤かカセットの時代。
あ、古すぎてついていけないか(笑)

音楽番組で流れる
最新の曲を
ラジカセをテレビに近づけて
録音したなあ。
カセット山ほど持ってた。
ノーマル、ハイポジ、メタルってランクあったけど
あんなにこだわってたくさんあった
カセットたち。
今手元に一つもないや。

もうカセット自体何年も観ていないんだけど
実家の母は
カラオケ教室をしているので
生徒さんに配る音源はカセットなんだと。
そこで使っているダブルラジカセ。
そこそこ年数使用しているので
ガタがきているので
新しいのがほしいのだが
もう…実は…
手に入らないのです。
どこさがしてももう
ダブルラジカセ
つまりカセットからカセットを
録音できる機能の付いたものが
この世に販売されてないのです。
「これは大事につかわないと」と
母。

もし、どこかで販売しているという
お話があるならぜひ紹介していただきたい。
今もうMDすらも製造終了している世の中。
いいんだか悪いんだか…ねえ。

水着、海、用意

ああ、明後日から海行くのに
全然用意できてないよ。

そもそも、海最後に行ったのいつよ?

…四半世紀前?
笑っちゃうわ。
まだ携帯でメールとかできない時代でない?
画面が緑色だったころ?
ああ、もう考えただけでしんどくなってきた。

なので行き慣れない私にとって
一体何をどれだけ用意したらいいのかが
ぜーんぜんわからず
途方に暮れています。

でこないだ
line友達の海に行った写真みて
いろいろ入用なものを
見定めていましたら…
子どもに
水泳帽子かぶせてるではありませんか。
何でいるんだろう…
暑さ対策かなあ。
お教室のワッペンいっぱい貼ってるのしか
ないので
これは購入せねば。
ゴーグルも
今お教室で使ってるのは
そこそこいいのだから
100円ショップにて調達しよう。
なくなっても別にいいもので。

あとは…
タイツタイプのラッシュガード。
これは持ってない…
海に入るのは極力避けたかったけれど
息子がはいったら
どうしようもないしなあ。
大人用浮き輪もいるか…
ああ、もう勝手がわからない。

とにかく日焼け対策として
足ラッシュと
日焼け止めと
濡れてもい帽子はもっていくことに
しよう。

よし、それでいこう。

ああ、準備大変だわー…

最近の流行はとことんリバイバル

お洋服の雑誌なんて
スケート雑誌買うようになってから
いや、
それ以前からだけど
やっぱり高いので
もったいなくて
季節ごとに購入するのがやっとって感じ
だったのね。

で、
ママ友さんに、街に買い物に行こうと誘われ
あわてて
今のトレンドを予習するために
雑誌を買いに走りました。

もう成人式2度も終えてると
どの雑誌かったらいいんですかね(笑)

マリソル、グロウ、
あ、もうベリーって若いんだ(笑)
姉キャンとかもう終わってる…

やっぱり、ここは
ストーリーかな。
40代ファッション誌売り上げナンバーワン。
つまり、まあ、間違いないってことよね。
表紙の富岡さんも好きだし。
ベリーはちょっとカジュアルすぎるのよね…

ふむふむ
ネイビー×ネイビーがトレンド、とな。

昔では同じ色をトップスとボトムスに合わせるなんて
タブ-だったのに
今はこれがトレンド。

こないだお洋服買いに行った時も
「デニムにダンガリーシャツ合わせるのが
今年流です」
おいおい
それ、光GENJIだよ(笑)
デニムのひざやぶっちゃうよー。

さらにさらに
タートルネックセーターでなく
ハイネックセーターも
リバイバルで最近流行りなんですよ。

もう、わけわからない。

自分が
「これがトレンドです」と
発信したらそれがそうなってしまう
世の中なんでない?って
疑ってしまうほどです。

さて、
デニムオンデニムに
早速チャレンジしてみようっと。

ショーでお隣りになったご婦人

こないだ地元でアイスショーがあったので
お友達と一緒に行ってきました。
2万円もしたけど(笑)
(ほんと、スケートのチケットの価格は
お気軽に行ける値段でない)
前から6列目で結構見えたので
席の運については満足してます。

で、私の隣の席は
一人参戦のご婦人でした。
羽生君のバナーをもって
休憩時間にはタブレットで
ツイッターをしていました。
落ち着いた上品そうな方だったんですけど
最初、このバナーを広げるのに
ものすごく気を遣っていたようなのですが
1部の最後に
羽生君が登場。
素晴らしい演技の後スタオベ。
バナーってそこそこ大きいので一人で
広げると
通路側ならいいけど
席の幅で全部広げるのは難しい。

ご婦人が遠慮がちにバナーを広げていたので
「持ちますよ」と声をかけたら
「いいんですか?」と言われたので
「もちろん!」と返して
それからは
ずっと広げるのをお手伝いさせて
頂きました。
バナーね。
本当は作ってみたかったんだけど
デザインのセンスがないので
そこは得意な方に頑張ってもらって
見せていただくってことで…

そのご婦人、
後から考えたらもしかしたら
ものすごく有名なツイッターのフォローワー
さんだったりして…と
考えてみたり。
でも羽生君の時しかスタオベしなかったしなあ。

アカウント交換しておけばよかったと
今になって後悔。
でも、きっとまたどこかの会場で会えるはず。
こういう偶然って、ないようであったりするからね。

さて、録画放送まだかな…

結婚記念日の位置づけ

結婚記念日って
結婚式した日ってことでいいですか?
それとも
入籍した日ってことでいいですか?

人によって違うけど
たぶん多い意見は
結婚式をした日ってことになるかな。
まあどちらの日付でもいいんだけど。

誕生日や父の日や母の日より
一番忘れられるのが結婚記念日と
私は思ってるんだけど
本当は夫婦にとっては一番
大事にしないといけない日かと。

久しぶりに結婚式のお写真をみてたら
ああ、過去の栄光だなあとなんだか
面白くて。
この時は仲良かったよなあ…
え、今はどうか?
なんでこの人と結婚したのかなあと
思うばかりで…
いや不満と満足と半々かな
半々だったら
やめておけばよかったのに。
年月が経つにつれて
不満が大きくなってきて
満足の方が押し物されそうになってきてる。
子どもがいなかったら
どうだったか、いや
もっと状況は悪くなってるかも
しれないか…

結婚もタイミングだなあ。
まだ独身の友達結構いるんだけど
結婚したほうがいいかって聞かれたら
お勧めしないって答えるね(笑)

もちろん、精神的安定は
大きいけど
そこだけクリアすれば
逆にいうと
それを大きく感じる人は
結婚したほうがいいし
そうでもない人は結婚したら
失敗する、ってこと。

私はどうも精神的安定が
一番大事と考える人なので
良かったんですけれどね。
でもああ、なんで今の旦那でないと
ダメだったんだろう…謎だわ…

マタハラについて

マタニティハラスメント。
私も妊娠中も仕事していたので
このことについては
いろいろな意見を持っています。

育児休暇をとって職場復帰したら
降格されてたとか
正社員から契約社員にされたとか

絶対あるって、こんなこと
こういう類、多かれ少なかれ。
全く何もハラスメント受けなかったという
人の方が少ないって。

私でも派遣社員で
出産とともにやめることは
確定していた。
だから、お休みに入る前までは
頑張ろうと思ったし
長く勤めていた職場だったし
雇用側もできるだけいてほしい空気もあった。
なのに
2回切迫流産になって
最初は2週間
その次は3日間仕事を休んだ。
そのタイミングで
うつ病の男性が仕事を休み始めた。
それで
私が首をきられそうになったのです。
そのうつ病の男性は
仕事が嫌いで
嫌な部署に入ると都合よくうつ病を発症する人で
かなり会社からもうっとうしがられている
人だったのですが
やっぱりどちらを大事にするかって
できないどうしようもない正社員を大事にして
妊娠出産でやめる派遣社員は
軽く扱われるのか、と。
いまだにその人とは
口を聞きたくない。
もちろん、そういう空気の会社が悪いんだけど
その人は私が出産の為に
退職したときにすでに休職していて
お疲れ様の一言もいただいてない。
でも部署変更時も歓迎会には
ちゃっかり参加していた。
そういう、義理を大事にしない人間は
一番嫌いなのです。
まあ、もう終わったことだけど。

マタハラは永遠になくなりません。
なのでマタハラがあるものだと
思って当たり前と思って対処しましょう。

疲れ切った人にかける言葉って?

ここ1週間
旦那様のお仕事がとても忙しいようで
夕飯1週間いらないといわれました。
ほんとに?
しかもお弁当もいらないと。
浮気でもしてるのか?
と疑ってしまったほど。
お弁当が要らない理由は
資料でカバンが重たくて
お弁当入れる余剰がないこと。
夕飯いらないのは
仕事も忙しいけれど
その後お得意様と勉強会があるので
さらに遅くなるから、と。
こないだも
遅めの帰宅で
なぜこんな時間になったのか?
まだ火曜日だぞと問い詰めたら
「帰り道でお得先の上司と
乗換駅が一緒になって
ちょっと立ち飲みやへいってた」
そりゃ遅くなりますね…

しかも仕事がたまっているといって
朝も早くに家をでているのです。
身体大丈夫かなあ。
もともとしゃべらない旦那様が
もっとしゃべらない。
朝は機嫌悪いからもっとしゃべらない
なので会話なし。
私は変わらず家でテレビ見たりゆっくりしてるのが
なんだか申し訳ないような気持ちになってくる
のだけど、
でも、してはいけない理由もないし
ならあまり相手せずにさっさと私は寝てしまうか
戸締りをしてあげようと。
疲れて機嫌悪い人に、何言っても無駄よね?
自分まで機嫌悪くなりたくないしね。

まさかの大人の…

私がお金の関係で手放した
アイスショーのチケット…
幕張での夢のような時間
どうしてもお金で買うことをためらってしまった
夢のない現実的な私。
そう、
だって交通費もかかるのよ
東京、幕張。
チケットを持っていたのよ
前から4列目。
でも別のショーに行くために
売ってしまった。
その日の羽生君のプロ
歌手の方のコラボもすごくよかったのだけど
もう一つのプロが
まさか!まさか!の
ファンの間でも幻のプロと言われていたもので
2010年から2011年の
エキシビジョンで使われていた
U2のロックナンバーだったのです。
そのプロの中には
途中で
「なぜその当時テレもなくしていたの?」と
突っ込みたくなるような
腰振りポーズがあるのです。
なんとそれを
二十歳になったことで
こんどは大人の男の色気を表現してみたく
なって…って

あれだけ嫌がっていたのに
「(過去の映像みて)やだ、みたくない」って
あれだけ当のご本人が言っていたのに。
それを自分の目で拝める機会を逃した
この悲しさ、むなしさ…

アイスショーは
やっぱり行くべきだ。
確かにコンペの方を重視する私だけど
夢の時間をお金で買う
ロマンな気持ちを捨てたら
スケートファンなんてやってられん。

ああ、でもチケットなんであんなに高いの?
私の手放したチケット
20000円…
いい、まあいい、いろんな経験を積み重ねて
人は強くなっていくのよ、ね…